株式会社JNコーポレーション

160-0022 ​東京都新宿区新1-36-2 新宿第7葉山ビル3F

​お問い合わせ: contact@ny-career.com

Please reload

最新記事

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

特集記事

女性の薄毛や抜け毛のお悩み相談

相談ケース①女性の薄毛や抜け毛

 

悩んでいるのはあなただけではありません。

 

仕事柄、たくさんの方からご相談を頂きます。

もし、あなたも同じ悩みを持っているとしたら...

同じ悩みで一人でも多くの方に共有できればと思い

少しアレンジして相談ケースをお伝えしていこうと思います。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

相談ケース①女性の薄毛や抜け毛について

私は40代前半女性です。今までは髪の毛の薄さで悩んだりしたことはなく

髪の量は平均並みでした。しかし、先日ふと鏡をみたとき生え際辺りの地肌が透けて見えていることに気が付きました。今まで全く気にも留めていませんでしたが、確かに抜け毛も増えたし、このまま薄毛になってしまったら...と考えてたら怖くなり、担当美容師に相談しようとも思いましたが、若い男性なので相談もしにくく、こちらのサイトに辿り着きました。予防や改善方法がありましたら是非教えてください。(Y.Nさん)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

ご質問いただきありがとうございます。

髪のケアで一番身近な美容師さんもなかなか薄毛については触れてこないのですし、分け目を変えるなどの工夫は提案はしていただけるかもしれませんが、余程のコミュニケーションがない限りどこまで親身になっていただけるか不安ですよね。

 

実は、女性の薄毛や抜け毛の原因は一つじゃありません。

あなたが持っている頭皮や髪の遺伝子リスクを調べることが一番の近道ですが、

費用もそこそこかかりますので、簡単チェックをお教えします。

 

まずは、あなたの原因をみつけることから始めましょう。

 

 

WIDEALヘアエッセンスホームページより

 

 

 

こちらのチャートでおおよそのあなたのリスクタイプがわかります。

*実際には複数のリスクを持っていたりすることもあります。

 

このタイプによってケアの仕方が変わってくるのです。

ですから、友人にお薦めしてもらった化粧品や育毛剤が私には合わない、効果が見られない。。。というご経験がある方もいるかもしれませんが、これは製品の問題ではなく、あなたに合ったものかどうかということになります。

 

とはいえ、頭皮に良い習慣は必要になりますので、まずはここから始めてください。

 

あなたが今日から始められる

抜け毛を減らすための3つの習慣

 

1)ブラッシングをする 
いつからかヘアスタイルをキープさせるのに、近年ブラッシングの数が減ったといわれています。

毎日ブラッシングしていますか?

頭皮を傷つけないよう柔らかいブラシで朝晩、やさしく頭皮をなでるようにブラッシングしましょう。

個人的には、ブラッシングはお顔のたるみ防止にもなりますので、やめられません(笑)

 

2)頭皮を洗うときは爪をたてない
つい、毛穴の汚れを意識しすぎてゴシゴシ洗っていませんか?

頭皮は皮膚の一部です。傷つけないよう、指の腹でやさしく、やわらかく洗いましょう。

 

3)シャンプー前に3~5分の頭皮マッサージ
実は、シャンプー時に抜け毛の量が最も増えます。年齢とともに髪のターンオーバー(髪の生まれ変わりの周期)が長くなるので、抜け毛を予防することは重要です。面倒かもしれませんが、シャンプー前に頭皮マッサージはとても有効的ですので習慣にしてください。

 

 

この習慣ができるようになったら

今度はタイプ別のケアを心掛けていきます。

 

タイプⅠのあなた)ダメージタイプ

活性酸素が除去しにくい体質かもしれません。このタイプは紫外線や飲酒、たばこなどの影響、ヘアカラー剤、白髪染め、パーマ剤等の刺激を受けやすいため、極力避けましょう。抗酸化ケアがおすすめです。白髪染めなどやめられない場合は、その分頭皮ケアをプラスしてください。美容院であれば頭皮トリートメントをプラスしてもらいましょう。自宅の場合は、頭皮エッセンスなど使用し、とにかく刺激を和らげてあげることが大切です。

 

タイプⅡのあなた)ホルモンバランスタイプ

ホルモンバランスの影響を受けやすい体質かもしれません。日々のストレスや冷え、生活習慣の乱れの影響を受けやすいため、生活習慣を見直しましょう。また、このタイプは40代に入ると女性ホルモンが減り髪の毛に影響が出ることがあります。まずは、栄養バランスと心のケアが大切ですので、偏った食事をせず、まんべんなく色々食事を摂るようにしましょう。そして、有酸素運動はセロトニン(幸せホルモン)の分泌を促し自律神経を整える作用があるので身体を動かすことをお忘れなく。育毛ケアもおすすめです。

 

タイプⅢのあなた)ボリュームダウンタイプ

コラーゲンの分解を早め、頭皮の弾力の影響を受けやすい体質かもしれません。このタイプは頭皮や皮膚のたるみが起こりやすいので、コラーゲンを増やす幹細胞ケアがおすすめです。そして、下肢を鍛える(スクワットなど)と成長ホルモンの分泌を促しやすくなるため、コラーゲン生成に役立ちます。しっかり下半身を鍛えることから始めましょう。

 

 

 

薄毛や抜け毛は、日々の生活習慣で予防が可能なのです。

日本人は海外に比べると未病意識が低いのですが、症状が出てからでは時間もお金もかかります。あなた自身の体質を知り、予防をしっかりすることが美と健康の秘訣と言えます。

 

今日から早速あなたに合ったプラスアルファなケアを始めてみましょう。

 

 

 

 

 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

ソーシャルメディア