株式会社JNコーポレーション

160-0022 ​東京都新宿区新1-36-2 新宿第7葉山ビル3F

​お問い合わせ: contact@ny-career.com

Please reload

最新記事

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

特集記事

実践②タンパク質を摂る

コラーゲンを増やすための実践3選 実践②

 実践2)美肌づくりにはタンパク質を摂る

 

前回、美肌づくりのための実践①適度な筋肉運動をお伝えしました。

さて、今回は実践②のタンパク質を摂るです。

 

女性は、ダイエットを始めるとタンパク質が不足しがちになります。

キレイになるためと頑張っているのに、

実際お肌の老化を促進させているなんてことがあり得るのです。

 

せっかくキレイになろうと思ったのに、

「顔色悪くない?具合悪いの?」なんて言われないよう、

正しい知識を身につけましょう。

 

さて、美肌にはなぜタンパク質が必要なの?

 

タンパク質は、体内でアミノ酸に変わりコラーゲン生成にとっても役立つのです。

 

まずは、タンパク質のおさらいから始めましょう。

 

そもそも人間の体は約60%が水分、約20%がタンパク質でできていますので

タンパク質は体にとって必要不可欠です。

タンパク質は20種類のアミノ酸によって構成されており、

皮膚はもちろん、髪の毛、爪、内臓、筋肉などなど、

体の大部分がタンパク質によってでつくられているのです。

 

いかがでしょう。

絶対に美容には欠かせないってご理解いただけましたでしょうか?

 

それだけではありません。

 

ホルモンや神経系を正常に働かせるためにタンパク質が必要になります。

タンパク質が不足するとさまざまな不調がみられるようになるので、

しっかりタンパク質を摂ることが大切です。

 

 

では、タンパク質は、何から摂れがいいの?

 

タンパク質が多く含まれているのは代表的な食品は、

 

●お肉

●お魚

●卵

●乳製品

●大豆製品

 

 

コラーゲンを構成しているタンパク質をしっかり摂って

お肌のハリやつやを蘇らせましょう!

 

ダイエットの場合は、高タンパクで低カロリーな食べ物を選びましょう!

 

お肉:赤身のお肉、鶏のささみ、ラム肉

お魚:あじ、いわし、しらす干し、貝類、ツナ缶(ノンオイル)、たたみいわし

卵:卵の白身

乳製品:カッテージチーズ

大豆製品:納豆、湯葉、高野豆腐

 

植物性と動物性を併せて摂ると互いに足りないアミノ酸が補えます。

毎日、お食事から適度にバランス良く摂取して、美肌の基本となるコラーゲンをしっかり増やし、お肌や髪をつやつやにしましょう!

*身体に良いからといって、なんでも過度に摂られる傾向にある方は、逆効果になることもありますのでご注意を。

 

 

 

次回は、コラーゲンを増やすための実践3選の実践③乾燥を防ぐ!をお伝えします。

 

関連記事

コラーゲンを増やすための実践3選

実践①適度な筋肉運動

 

 

 

 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

ソーシャルメディア