株式会社JNコーポレーション

160-0022 ​東京都新宿区新1-36-2 新宿第7葉山ビル3F

​お問い合わせ: contact@ny-career.com

Please reload

最新記事

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

特集記事

本当に効果があった美容法②かかとケア

夏はサンダルの季節!あなたのかかとはガサついていませんか?

 

 

意外と足元はみられています。

 

夏になると素足でサンダルやパンプスを履く機会が増えますが

あなたは特別なお手入れはしていますか?

 

カサついて粉拭いたかかとでは

オシャレなサンダルを履いても

それだけでオシャレではなくなります。

オシャレもお肌込みですから(笑)

 

夏場だから湿度も高いし、乾燥は無関係なんて思ってしまいがち。

実際は、素足だと室内のエアコン、紫外線、靴のと摩擦など外部の刺激が多く

冬よりも「カサつきかかと」の女性は多いのです。

 

朝はつるつるなのに、夕方になるとカサついて粉ふいている...

なんて経験あるあなたは

摩擦と乾燥によるものです。

 

夏こそしっかりとかかとをケアすべきです。

 

私はお恥ずかしながらマメな方ではないため、

ついシャワーを浴びたままケアをしないことも多々あります。

そんな日が続くと、あっという間にかかとがゴワついてしまうのです。

あなたも私と同じような経験があるとしたら

すぐに試して欲しい簡単な方法があります。

 

まずは、ガサガサの原因は大きく4つあります。

 

①摩擦(外部刺激)

②乾燥

③角質がたまる

④雑菌、水虫

 

④に関しては、薬で対処するしかないので省略します。

 

今回は、①~③に共通するケアで

「ガサつきかかとから今すぐ卒業できる方法」をお教えしたいと思います。

 

 

非常に簡単です。

 

 

それは、毎晩クリームを塗ること。

 

 

これだけです。

 

え?それだけ?

と思うかもしれませんが、やすりでゴシゴシ削る必要もありません

 

以前は、私もお風呂でやさしく一方向に削っておりましたが

一瞬の改善に過ぎませんでした。

よく、通販番組などで「かかとやすり」をみて

つい欲しくなったりしますが

削るとすぐに効果が出やすい反面、

使用方法を間違えるとリスクも伴うのです。

 

やすりでゴシゴシ削りすぎると皮膚が薄くなります。

そうすると、肌に水分が保持しにくくなり

角質を硬くしてしまうことさえあるのです。

 

40代になるとターンオーバー(肌の生まれ変わり周期)が

どんどん遅くなりますので、さらに角質を硬くします。

 

だから、私はやすりで削るのをやめました。

 

削るのをやめて、保湿をするだけです。

毎日保湿をするだけで、まるでお肌に水分を保持する力が

蘇ったかのように柔らかくなります。

 

そして、塗るタイミングは夜です。

朝に塗ると、素足の場合サンダルが滑ったりしますのであまりオススメしません。

夜にたっぷり塗ることが重要です。

 

毎日続ければ、夕方になってガサガサなんてこともありません。

 

どんなクリームがいいかというと、

保湿が高いものが有効的です。べたつき感や香りなどあなたの好みもあるので

あなたに合ったお好きなボディクリームで結構です。

夜なので、安眠を誘うアロマ効果のあるものでもいいですね。

 

ちなみに、私はよくお土産でもらったりする

ビタミンワールドのレチノールクリームを愛用しています。

本来はお顔用ですが、伸びが良く保湿性も高いので

ボディークリームとして使っています。

 

とにかく、毎晩しっかり保湿していれば、つややかなかかとが戻ります。

 

あなたも今日からかかと美人へ。

 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

ソーシャルメディア